従業員が、能力を十分に発揮できるようにするために、ワークライフバランスのとれた職場環境
及び女性が活躍できる雇用環境の整備を目的として、次の行動計画を策定・実施する。

1.計画期間   平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.内容 

目標1
  妊娠者及び妻が出産する従業員を対象に、子育てに関する制度をまとめた文書を配布するとともに、育児休業や介護休業、看護休暇等の両立支援の為の相談窓口を設置する

<対策>
・平成28年 4月~ 相談員の選定
・平成28年 6月~ 相談窓口の設置、周知の実施
・平成29年 9月~ 対象従業員への個別面談、情報提供、啓発の実施

目標2
  地域において子どもの健全育成のための活動を行う団体への従業員の参加を支援するなど、子ども・子育てに関する地域貢献活動を実施する

<対策>
・平成28年 4月~ 子どもの健全育成のための活動等を行う団体等の調査
・平成28年10月~ 活動の実施内容、参加させる従業員について検討
・平成29年 4月~ 従業員の参加開始 

目標3
  技術職の女性を現行の2名から5名以上に増加させる

<対策>
・平成28年 4月~ ホームページ等での社内で活躍する女性の紹介
・平成28年10月~ 技術系の女性の応募を増やす為、学生向けパンフレットの内容を見直し、改定
・平成29年 4月~ 現場のハード面の整備(女性の体格等に配慮した安全具等)   

目標4
  係長級の役職者に占める女性の割合を20%以上とする 

<取組内容>
・平成28年 4月~ 女性社員が自身のキャリア形成に対する意識を醸成する為の研修会実施の検討
・平成28年 5月~ 研修プログラムの検討
・平成28年 6月~ 研修会実施

女性の活躍の現状に関する情報公表(平成28年2月1日現在)
勤続年数の男女差(男性-女性)    4.4年